いわき市被災地からの情報(3/20・17)
前回のブログに続き、現在、被災地福島県いわき市で救援活動をされている
五十嵐義隆さんのメッセージをみなさんに届けます。

五十嵐さんは日本緊急援助隊スタッフとして、国内外の被災地でボランティアを多数経験しており、
被災現場には慣れておられます。また、牧師でもあられます。


―――――――――――――――――――――――――――――


3月17日(木)21時「祈りを一つに!」より
こんばんは 震災後6日目が終えようとしています。

今日は千葉から、夜は長野から、夜中に東京、
朝方にも町田から救援チームが物資を運びやってきます。
感謝です。それぞれ被災地は大変な状況です。

流通が麻痺し、特に福島県の原発付近の地域は大変です。
(放射線)風評被害で こちらに来る事を恐れる人が多いようでなにも無い状態です。
ガソリンも不足しているので 避難所用に運び込まれる配送も大変です。
今日はやっと人や車が集まり配送がましになりました。
また、2件ほど病院からSOSが入り、水、食料、薬がないとかで先ほど緊急で届けに行ってきました。
薬に関しては県外の方々にリストを送り集めてもらっています。
救援物資をとにかく送ってください。
食料も 医薬品も 不足しています。特に福島なぜかみんな恐れています。

でも いまも必死に原発に水を注いでいる人達がいます。
いま放水作業をする人を探しています。被曝は怖いです。

でも 誰かがしないと 被害が大きくなります。
これこそ いま問われる所ですね。

誰かが犠牲になり 誰かが助かる。
愛とはだれかのために 犠牲をはらうものです。
さて、教会のメンバーの娘さんが警視庁に務めており 次の放水作業にお呼びがかかったようです。
このように誰かがその現場にいって日本を救おうとしているのです。

私たちは、今、どうアクションしますか?


3月20日1時「みんなにお願い」より
先ほど、ニュースでいわきのことが放送され、
私たちのところに電話が入り、介護施設に救援物資を運んできました。

地元にいると逆に聞こえて来ない叫びがあるので
どうか ニュースやどこかで助けの声を聞いたら教えてください。


3月20日(日)7時「本日の動き」より

おはようございます。今日は2tトラックを運転して 銀座と渋谷にいきます。
目的は 銀座でいわきのことをシェアし、渋谷で救援物資の積み込み
6時から渋谷ハーベスト(東京渋谷福音教会)でメッセージし、いわきに帰ります。

ただいま、避難所の灯油が足りないと連絡があり、
これから、全国から集まった灯油をお渡しします。
みんなありがとう。

いわきはまだ寒いです。
災害の後、疲労がたまっているので、病気や寒さから守られます様に。
集団で避難している方達も多数見えています。

がんばれ日本。
いま、日本は全国民の協力と一致が必要ですね。
救援物資 避難者たちの受け入れ先、
とにかく岩手、宮城、福島 色んなニーズがあります。


―――――――――――――――――――――――――――――

五十嵐さんの働きに賛同くださる方やご意思のある方は
物資送付について詳しいことをお伝えしますので、
info@joshuauehara.com 上原までお問い合わせください。
詳細、送付先、送り方をお教えします。

全国から物資が届くため、
今何が必要か、必ず確認してから購入してくださいね。

できれば、1つの箱に同じものが入る「箱買い」をお薦めします。
仕分けする側も運ぶ側も無駄な時間を短縮できます。
箱買いまでは・・という方共同で購入し届ける方法を考えますので、
一度ご一報ください。



| ayumisunny | その他 | 15:56 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://ayumiblog.joshuauehara.com/trackback/1242363