五島列島のたび〜鬼岳
4月30日

長崎県五島列島 福江島

福江港を望むことができる鬼岳を登りました。


 

標高315メートルの鬼岳は、丸みを帯びた柔らかな形状。
芝に覆われた丘陵では半周するトレッキングも楽しめる。
緩やかな斜面を上ると臼状の加工が広がり、季節の花が咲く尾根は気持ちのよい散策ルート。


前日の大雨にかわって青空が広がりました。
11時の上五島行きのフェリー乗船まで
気持ちの良い散歩となりました。




 
| ayumisunny | たび | 21:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
五島列島へのたび〜大瀬崎灯台
4月29日
長崎県五島列島にある福江島。


最西に位置する灯台へ行きました

大瀬崎灯台を望める展望台から撮影




大人の遠足にきている方と出会いました。
福江島の中でも中心地に住んでいて、
五島の美味しいものを持ってきてランチ中です。

山と海とこの空気に囲まれて、うらやましい
島民の方は優しいです。
一緒に食べませんんか。と声をかけていただきました。



大瀬崎灯台へ


※風の音が大きいので音量を小さくしてください

展望台から車で5分
駐車場に車を置き、
30分山道を進みました。

灯台は海に突き出ていて、がけになっています
地平線が広がる海をみていると、
きれいでは言い表せない
私たちが生かされている地球を感じました。

歩くのは大変だったけど、
ぜひ訪れてほしい場所のひとつです。

この日は雨が降り出しそうな空模様でしたが、
晴れた日の海の色は本当に美しい。
さまざまな色が見ることができます。



映画「悪人」のロケ地です。
| ayumisunny | たび | 14:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
しまなみ海道のたび察糎島・尾道〜
因島大橋を抜けると、向島。
あと7キロ。

画像

海沿いを進みます。

画像

途中にある小さな小島「岩子島」に寄り道するつもりが、断念。
ゴールをめざします!

向島と尾道には橋が2本かかっています。
が、交通量が多いこともあり、
最後は渡船を使います。
画像

尾道に到着!

画像

最後は自転車にのらず歩いてゴール

筋肉痛にもならず、
気持ちのよい自転車のたびでした。

大阪へは、新幹線で帰ります!

しまなみ海道横断のたび機塑治〜
しまなみ海道のたび供疎臈
しまなみ海道のたび掘素貶島〜
しまなみ海道のたび検疎膸暗隋
しまなみ海道のたび后狙幻島〜
しまなみ海道のたび此前島〜


 
| ayumisunny | たび | 22:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
しまなみ海道のたび此前島〜
画像
橋を抜けると、因島!

因島は大学時代の親友が生まれ育った島。
一度、彼女を訪ねて訪れて以来4年ぶりの上陸です。

"いんのこ"なる因島のお好み焼きを食します。
画像
NHKの朝ドラマ「てっぱん」にでてくるお好み焼き。
てっぱんはこの島と大阪の阿倍野が舞台なんです。
橋から南へ30分、因島の中心地のパスターミナル。
いんのこ店が並びます。
わたしたちは、「越智」に入店。
画像

店の中央には大きな鉄板テーブル。
その周りを5人座るともう満席です。
画像

島内を縦断しながら、
因島大橋をめざします。

画像

自動車道路の横を走ってきた今までとは変わり、
真上に自動車が走ります。
ちょっと閉塞感・・・
画像

最後の島、向島へ




しまなみ海道横断のたび機塑治〜
しまなみ海道のたび供疎臈
しまなみ海道のたび掘素貶島〜
しまなみ海道のたび検疎膸暗隋
しまなみ海道のたび后狙幻島〜
しまなみ海道のたび此前島〜
しまなみ海道のたび察糎島・尾道〜
 
| ayumisunny | たび | 22:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
しまなみ海道のたび后狙幻島〜
多田羅大橋を渡ると、
広島県にはいりました!

ひょうたん島が目の前に
画像
夕日の美しい「サンセットビーチ」ですが、
雲が多くて夕日は見えず・・・
美しい砂浜でした。

午後6時、宿に到着
画像
レモンで有名な瀬戸田にあるつつ井旅館。
自転車道路からも近く、
すぐに見つかりました。
画像
レトロなロビー。
4階にあるお風呂へ
レモン型の風呂には、輪切りのレモンが
ふわっと香ります

夕食
画像
 献立
  • 刺身
  • 茶わん蒸し
  • 蛸の椀物
  • 旬野菜の天麩羅
  • 鯛のお頭
  • 海老、帆立、鯛、豚の野菜鍋
  • 味噌汁と飯
  • フルーツ
疲れもあり、
夜は早めに就寝。

早朝、散歩しました。
目の前は海ですが、すぐ対岸に島があり、
渡り船の港にもなっていて、
なんとも不思議な景色。
天気の良い1日になりそうで、
神さまへの感謝と賛美をささげました。

画像

朝食は、広い部屋に準備してもらいました。
この日は宿泊客が2組しかなく、貸切り
画像
魚の干物を自分で炙って
佃煮・豆腐・卵・しらす・菜っ葉
期待した旅館らしい食事。
朝からしっかりいただきました。

午前10時出発!
商店街をぶらりしながら、
お尻に痛みがある人は、サドルのクッションを購入。
ジェラート専門店ドルチェで休憩。
画像
  • 瀬戸田のデコみかん
  • 瀬戸田のレモン
  • 伯方の塩
  • 瀬戸田の夏みかん
  • 瀬戸田のはるか
  • 尾道の桃
画像
迷いながらも、デコみかんとレモンのジェラートをいただきます。
大阪では食べたことのない、新鮮な味。

午前11時30分、生口橋に向かって出発!
画像
↑道路左橋にあるブルーのライン
自転車が迷わない、走りやすい道の証。この道を走ります。




しまなみ海道横断のたび機塑治〜
しまなみ海道のたび供疎臈
しまなみ海道のたび掘素貶島〜
しまなみ海道のたび検疎膸暗隋
しまなみ海道のたび后狙幻島〜
しまなみ海道のたび此前島〜
しまなみ海道のたび察糎島・尾道〜
| ayumisunny | たび | 21:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
しまなみ海道のたび検疎膸暗隋
3つ目の「大三島大橋」を渡ると、
愛媛県最大の島、大三島
自転車で走るルートは5キロ。
坂がなく、快適に海岸沿いを進みます。

途中、なんともわたし好みの建物が・・・。
同行したメンバーが見つけてくれました!
木工雑貨とカフェ「1plus7」
画像画像画像画像
入口に大きなユーカリの木があり、
わたしの大好きな香りが漂います。
素敵な木工用品。
大阪の万博公園では、ロハスフェスタという地球にやさしい生き方が好きな人が集まり、自然のものを活かした品を販売していますが、
こちらの木工はロハスフェスタに持っていけば、完売まちがいなしのかわいい品々。
それも、ロハスフェスタの3分の2ほどの価格。
木工購入は断念しました。

アロマオイルも扱っていて、
島でとれたレモンを蒸留して抽出した高級品。
アロマルームスプレーと、アロマ虫除けスプレーをゲットしましたキラほし

島のオレンジジュースをいただき、
経営されているご夫婦と話していると、
大阪に住んでいたことがわかりました。
それも、私たちの職場の目の前に!
商店街の話など、ローカルはなしに盛り上がりました。
実はここ、土曜日のみの営業。
私たちは、知らずに入ってきていました汗
「いいんですよ」と、にっこり。

なんとも、穏やかで温かいご夫婦にすっかり私たちは長居してしまい、
午後6時前に。
道路に外套がないため、
日没までに目的地に着かないと危険ということを教えてもらい、
いそいで出発します。

↓メッセージを書かせていただきました。
画像


本日最後の橋、「多々羅大橋」へ向かいます。

画像
1480メートル走行のあいだ、美しい風景にみとれました。



しまなみ海道横断のたび機塑治〜
しまなみ海道のたび供疎臈
しまなみ海道のたび掘素貶島〜
しまなみ海道のたび検疎膸暗隋
しまなみ海道のたび后狙幻島〜
しまなみ海道のたび此前島〜
しまなみ海道のたび察糎島・尾道〜
| ayumisunny | たび | 23:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
しまなみ海道のたび掘素貶島〜
1166メートルある2つ目の橋、伯方・大島橋を渡ると、伯方島へ

画像
ずいぶん来ました。
今治から26キロ。
尾道まで、あと49キロです顔

まずは、道の駅「伯方S・Cパークマリンオアシスはかた」で、
画像
伯方の塩ソフトクリームを!
画像
自転車ルート3.3キロの距離を進みます。
後半は、緩やかな上り坂。

あっという間に「大三島大橋」につきました。
午後4時、ずいぶん曇ってきました。
画像
328メートルのアーチ橋。
↓橋に入る上り坂からの景色です。
 








しまなみ海道横断のたび機塑治〜
しまなみ海道のたび供疎臈
しまなみ海道のたび掘素貶島〜
しまなみ海道のたび検疎膸暗隋
しまなみ海道のたび后狙幻島〜
しまなみ海道のたび此前島〜
しまなみ海道のたび察糎島・尾道〜
 
| ayumisunny | たび | 21:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
しまなみ海道のたび供疎臈
来島海峡大橋を渡ると、大島へ
さっそく、道の駅に寄りました。
画像
休憩。
レモンな生姜サイダーを飲みました。
画像

国道317号を11キロ北上します。

なかなかアップダウンがあり、きつい!

午後1時、潮流体験船を宮窪港で乗船。
40分かけて巡る観光遊覧船は、
ポイントでエンジンを切り、波の音だけに。
船が波に流されていくのが、実におもしろい。
船長との会話も楽しかった



そのまま漁港で海鮮バーベキュー。

画像
船長さんから、サザエの刺身をおすそ分けしていただきました。
画像
新鮮でコリコリ、美味!
日本海のサザエに比べると甘味が強いそうです。

午後3時、「伯方・大島大橋」を渡り、
塩で有名な「伯方島」をめざします。

画像




しまなみ海道横断のたび機塑治〜
しまなみ海道のたび供疎臈
しまなみ海道のたび掘素貶島〜
しまなみ海道のたび検疎膸暗隋
しまなみ海道のたび后狙幻島〜
しまなみ海道のたび此前島〜
しまなみ海道のたび察糎島・尾道〜


 
| ayumisunny | たび | 23:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
しまなみ海道横断のたび機塑治〜
天候は晴れのちくもり
最高気温28度、最低気温20度。
絶好のたび日和の2日間、
愛媛県から広島県に広がるしまなみ海道へ行きました。


新幹線で、新大阪駅6:03発 福山駅7:21着
バスに乗り継いで、福山駅7:50発 今治駅9:14着
画像
バリィさんが迎えてくれました♪

またまた、バスに乗り継いで、今治駅バス停9:52発 糸山展望台入口バス停10:14着


画像
サイクリングターミナル「サンライズ糸山」で、みんなと合流!
さぁつきました。自転車を借ります。
画像
バリィさん自転車は子ども用。
わたしのは、ちょっとぼろっちぃですが、マウンテンバイクです。

ヘルメットを着けて、出発!
画像
来島海峡大橋4.2キロ
海上65メートル
気持ちいい風に心躍ります。

画像

さいしょの島、「大島」までに小さな島がたくさん。

自動車と同じ橋を進みますが
自転車・歩行者・バイク用ゾーンになっています。
だから、途中で止まって景色をゆっくり眺められます。

大島にもうすぐ到着します。


しまなみ海道横断のたび機塑治〜
しまなみ海道のたび供疎臈
しまなみ海道のたび掘素貶島〜
しまなみ海道のたび検疎膸暗隋
しまなみ海道のたび后狙幻島〜
しまなみ海道のたび此前島〜
しまなみ海道のたび察糎島・尾道〜
| ayumisunny | たび | 18:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
アメリカのたび 14日目

〜8月14日(火)〜

今日は、私の滞在最終日。
コーディネートをしてくれたキース&あきさんが
ここまで続いたレコーディングを休みに
スケジュールしてくださいました。 

ランチを食べて、ダラスの町をめぐって、
夜はおしゃれなレストランに・・と考えていてくださいました。




それが・・・突然、昨夜、緊急入院!

昨日、出産予定日1週間前の検査を行い、
出産することに決定しました。

私たちはレコーディング最中、
スタジオに検査からかえってきたあきさんと話していると、
母体もあかちゃんも元気だけど、
明朝に出産することになったの!
冷蔵庫のもの何でも食べてね!

と、もう出産にもかかわらず
私たちのことばかり気遣ってくださっていました。

アメリカでは、
入院中夫も一緒に泊まるそうで、
昨晩からバンクス家に私たち二人です。

外は暑すぎて出られないので、
午前中は大きなアメリカンハウスをめいいっぱい楽しみました。
午後、Kさんとお子さんが私たちを向かえにきてくださり、
メキシカンのランチへ。

ダラスの画像

ここ、テキサス州はメキシコと接していることもあり、
メキシコ料理が有名です。
はじめてたべたメキシコ料理、とても美味しかったです。
真ん中にあるサワークリームとアボカドクリームをつけながら、
いただきます。

ダラスの画像


その後、病院に連れていってもらい、
あかちゃんと対面しました!



ダラスの画像

生後8時間のあかちゃん、
そして、出産後の女性の美しさを見せていただきました。
とても安産で、もう元気に歩いていました。

アメリカでの出産は1泊で退院ですが、
今回は、2泊できるそうです。

お2人とあかちゃんとはここでお別れです。
名残惜しいですが、
帰国前にあかちゃんに会えたことが本当にうれしく、


その後、ダラスから2時間離れた場所でジャケット撮影を行いました。

ダラスの画像


実は、嵐が近づいていましたが、撮影中は守られました。
終わってからすぐに、大雨と稲妻の響きが何本も見えています。

その後、明日空港まで送ってくださるK兄さんが迎えに来てくださり、
K兄さんおすすめのハンバーガーショップ"Five Guys"に連れて行ってくださいました。

ダラスの画像
冷凍庫がないから新鮮な食材を扱っているそうです

 

当初の予定ではありませんでしたが、
神様は素晴らしい1日を用意してくださいました。

何よりたくさんの方にお世話になり、
同じ時間を共有させていただきました。

明日は、朝5時出発!





 

| ayumisunny | たび | 17:48 | comments(0) | trackbacks(0) |